先日のステージで

メガネと楽譜

2022年6月5日

先日代々木上原にある古賀政男音楽博物館けやきホールで司会を務めて来ました。

第一部はカラオケ愛好家皆さんの歌唱発表会、後半がそれぞれの地域から全国に歌を届けている方、いわゆるゲスト歌手の歌謡ショーと云うプログラムでした。


前半の一般の部についてはお名前と曲目の紹介に限りましたが、後半の部はゲストですからこちらとしてもきちんと紹介をしたい、歌唱の合間にはインタビューの時間もあるので、

なるべく詳細にこの方のプロフィールを頭に入れておきたい、大げさに言うならそれが司会者の使命だと思って毎回臨む訳です。

これまでにご縁のある歌手の方なら資料も揃っていますが、中には初めてお会いする歌手の方も多くいらっしゃいます。


こんなことがありました。

リハーサルの後、歌手のAさんと打ち合わせをさせて頂いたのですが、特にご自分のプロフィールをお持ちになってはおらず、ですから自ずからお尋ねをして聞き取る形になります。

ご出身は?、レーベルは?、デビュー日は?、曲のタイトルは?、作詞作曲者は?、

歌の内容は?、歌への想いは?、趣味は?、新曲や今後の予定は?、etc. 特にインタビューで伺う内容を中心に色々と伺いました。


さていよいよAさんが歌うコーナーとなりました。

先ずは一曲歌いました。そこで本人の軽いご挨拶となったのですが、、、

何と先程伺ったインタビューで聞こうとする内容を次から次に語り始めたのです。

私もプロですからさりげなくセンターのご本人に近づき、「そうですか、そうすると・・・」

などと相槌を打ちながら繋ぎました。

冷や汗かきましたね!て?

いえいえ実はこれって司会をしているとよくあることなんですよ(笑)。

(日本司会芸能協会・副会長)